忍者ブログ

Home > > 生産性と為替レート

[PR]

  • 2017-12-19
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Comments:

Trackback+Pingback:

Listed below are links to weblogs that reference
[PR] from 理中理外

Home > > 生産性と為替レート

Home > Study > 生産性と為替レート

生産性と為替レート

 himaginaryの日記さんの投稿を読んでいて、円安バブル論というバブル円安バブル論というバブル・補足メモでなされている議論が、以前の自分の投稿、米国経済と円ドルレートの長期トレンドでの視点と似ているなと思った。というか、漫然と考えていたことがきちんと整理されていて勉強になった。

himaginaryさんも書かれていたが、生産性の向上を伴った物価下落と、いわゆるデフレによる物価下落を区別することなく実質実効レートについて議論するのは、購買力平価のそもそもの概念からしても、問題ありとする考え方に同意。

ちなみにそのときに掲載したチャートはこれ。他国通貨や実物財の交換比率の関係を一枚で何とか把握したいなと思ってつくったもの。やっぱりこれを見ると、相対的に大きくなった中国とかのアジア新興国の通貨は対米ドルでの切り上げ圧力がかかるだろうなと感じる。

ccb45eb8.PNG


そしてこのチャートを作る前に、事前スタディーとして単純に日本と米国の実質GDPの比率と円ドルレートを比較してみたのがこれ。ニクソンショックやプラザ合意で為替レートの調整が行われて実体経済と為替のぎゃぷ画解消され、90年代以降は日米の成長率格差がそれほどなくなったので、レンジ相場になったとの解釈ができる。

5e3fe78e.PNG

レベル感はともかくも、一気に対ドルで円高になると思えなかったのはこれが理由。足元で急速に円高の巻き戻しが起こっているけど、まあ、さもありなんという感じ。でももうちょっと円安が続くと、これまた極端な「日本ダメダメ論」が出てきて「日本全部売りだぁ」とかなりかねないのがちょっと怖いところ。


tag: マクロ, Memo, 為替
PR

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
Listed below are links to weblogs that reference
生産性と為替レート from 理中理外

Home > Study > 生産性と為替レート

株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

Author: hamachan

資産運用会社で働いています。株式市場とか、マクロ経済とか、思いつくままに覚え書きです。

メールフォーム
来訪者数
アクセス解析

Page Top