忍者ブログ

Home > > 公務員の給与と賞与は失業率とGDP成長率に連動させてみたら?

[PR]

  • 2017-09-25
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Comments:

Trackback+Pingback:

Listed below are links to weblogs that reference
[PR] from 理中理外

Home > > 公務員の給与と賞与は失業率とGDP成長率に連動させてみたら?

Home > Study > 公務員の給与と賞与は失業率とGDP成長率に連動させてみたら?

公務員の給与と賞与は失業率とGDP成長率に連動させてみたら?

最近、ちょっと思うこと。

「渡り」の問題とかで公務員の人事制度の改革とか言われているし、それをきちんとやることは大事だと思う。キャリアパスの問題とか、給与体系とか、モチベーションの維持とかいろいろ言い分はあるんだろうけど、だからといって、国民の税金を「食い物」にしても許されるっていうのはない筈だ。

どうやら、「今の制度だと、一流上場企業の人たちほどの給料はもらえないし、肩たたきの制度もあるし、どっかの銀行の様に取引先企業で定年後に働くことはできないから、こういった渡りの制度でそれを取り返すことにしているんです。これって国民の為に働いている我々の当然の権利でしょ?」って彼らは言っているようだ。

でもこれって「となりのA君は僕の2倍もおこずかいをもらっているんだ。でもA君よりも僕の方がいっぱい勉強して成績もいいから、僕もA君と同じだけおこずかいもらえないとおかしいよ。だから(勉強して仕事をしない)A君やB君やC君のおこずかいの一部を僕がもらって当然なんだよ。」と言う子供の弁を聞いているような感じがする。

また「人材のニーズがあるから、そこに行っているんです」という意見もある。実際、そういった例も多々あるだろうし、人材の供給が絶たれると支障をきたすところもあるだろう。でも、何をしているのかわからないような外部発注の隠れ蓑用の社団法人やら外郭団体やらをいっぱいつくり、そこを高い退職金で渡っているとすれば、それはニーズとは言わない。単に国民の税金を食い物にしているだけだ。

霞ヶ関の官僚の人たちとは一緒に仕事をしたこともあるし、彼らの優秀さや勤勉さも知っている。「言い分」にあるような問題があることも聞いているけど、それって彼らだけの問題ではなく、民間でも往々にして見られる様なことではなかろうか? 民間の人たちはそれでも頑張っているんです。また彼らのそのエネルギーが、上記のような理論武装と制度設計に日々費やされているとすれば、これは日本における人材資源の無駄遣いに他ならないと思う。

しかし、どうしてこうなってしまうのだろうか?

前述したように、キャリアパスとか給与体系とか、いろいろ制度的な問題はあるのだろう。そして、それらは一つ一つ解決していかなければならない。でもそれ以上に、税金を払う人間(一般国民、民間企業)と税金を使う人間(=公務員)の間で、利害の方向が異なることが問題じゃないのかと思う。

公務員はリストラされないけど、一部上場企業でも倒産するし、倒産しなくても首になる可能性もある。公務員の給料は定期的に上がるけど、一般企業の給料は下がるし業績が悪ければボーナスがもらえないこともある。つまり、給与減やボーナスカット、そして失業といった普通の国民が憂いていることを、公務員の人たちは気にする必要はないし、自分自身の痛みとして(直接的に肌で)感じることはない。逆に失業が増えたり景気が悪くなれば、失業対策とかで公的部門の出番が増え、彼らの「縄張り」の拡大余地が出てくるので、公務員にとってハッピーなのではないかという、少しひねくれた(?)見方もできよう。

要は、公務員と民間企業の、景気や失業に対する利害関係が一致していないどころか、逆方向を向いているということだ。だとすれば、お互いに同じ方向に向かせることが事態の解決の第一歩だと思うし、それによって、一緒に日本をどうにかしていこうという気持ちに持っていくことができると思う。

じゃあどうやって同じ方向を向かせるのか?

タイトルにある様に、公務員の給与・賞与は、失業率と名目GDP成長率と連動させればよいと考えている。公務員の給与の昇給率は、失業率が上昇すると下がり、失業率が低下すると上昇するようにすれば良いと思う。失業率が一定のレベル(自然失業率+α%)以内に収まれば、これまで通り民間の平均昇給率に連動させ、それより悪化すれば、失業率の悪化に比例して給与を削減する。同じように賞与も考えて、名目GDP成長率が一定の水準を超えれば支給され、マイナスになればボーナスがなくなるようにすれば良い。

公務員は失業の心配がないわけだし、これ位のことをやってもバチは当らないと思う。だって、失業率が増えるってことは、所得税が入らなくなるし公的負担も増加するわけだから、収入減にあわせて給料を減らすのはありだと思う。同様に、経済が成長しなくて企業業績があがらなければボーナスがでないのが民間なのだから、民間企業のボーナス支給額からとれる税金の増減が公務員の賞与の一部に充当されるとすれば、名目GDP成長率と公務員の賞与が連動するというのは、それほど突飛な案ではないのではなかろうか?

失業率が上昇したら給料が下がるのなら失業対策に知恵を絞るだろうし、GDPが成長すればボーナスが上がると思えば本気で現実的な政策提言なんかが出てくるのではなかろうか。


tag: マクロ, 意見
PR

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
Listed below are links to weblogs that reference
公務員の給与と賞与は失業率とGDP成長率に連動させてみたら? from 理中理外

Home > Study > 公務員の給与と賞与は失業率とGDP成長率に連動させてみたら?

株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

Author: hamachan

資産運用会社で働いています。株式市場とか、マクロ経済とか、思いつくままに覚え書きです。

メールフォーム
来訪者数
アクセス解析

Page Top