忍者ブログ

Home > > 生産調整はいつまで続く…?

[PR]

  • 2017-05-01
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Comments:

Trackback+Pingback:

Listed below are links to weblogs that reference
[PR] from 理中理外

Home > > 生産調整はいつまで続く…?

Home > Memo > 生産調整はいつまで続く…?

生産調整はいつまで続く…?

今日、鉱工業生産指数が発表された。1月鉱工業生産は前月比-10.0%とほぼ市場予測(-9.9%)通りで、前月(-9.8%)に引き続き大幅な低下。前年比では-30.8%(12月:-20.8%)となっており、大幅減産が続いている状況。2 月の生産予測指数も-8.3%であり、このままだと2月の製造業の生産指数は、ピークから42.5%低下という状態。まさに売上げが一気に半分になったという世界。

 とはいいつつも、3月の生産予測指数は前月比+2.8%となっているし、トヨタの増産の記事も見たなと思いつつ、過去1ヶ月の新聞の山を見直しながら、目についた生産と在庫調整に関係する日経の一面記事を覚え書き(赤字下線は自分で引いたもの)。

2月18日(水)日経新聞一面
トヨタ、5月に増産へ
国内、前月比3割増 在庫調整が進展
トヨタ自動車は五月の国内生産台数を、二-四月の付へ月平均台数に比べ約三割多い二十万台規模に引き上げる方針を固めた。トヨタは世界販売の縮小幅を大きく上回る減産を続けており、四月までに在庫を適正水準に圧縮できるとみている。大幅減産を継続すると、五月以降は販売が上向かなくても車種によって品薄な状態になる可能性があると判断、ほかの国内メーカーに先駆けて生産水準を引き上げる。
2月23日(月)日経新聞一面
金属や化学 減産幅縮小
日鉱金属や三菱化学 中国向け改善 在庫調整も進む
金属・化学など素材各社が在庫調整の進展に伴い減産を緩和する。日鉱金属は鉱業稼働率を引き上げ、三菱化学も中国で増産に転じた。対中輸出や自動車、電機向け需要で復調の兆しが出ているため。素材業界は昨秋以降、需要急減に対応し大幅減産を実施してきた。世界同時不況の影響が長引くとの見方や不透明な要素も多く、米金融安定化策の行方次第では二番底の懸念もあるが、減産一辺倒の流れが素材産業から変わる可能性が出てきた。
2月23日(月)日経新聞一面
日本経済 今何をすべきか(上)
経済同友会代表幹事 桜井正光氏
「まっすぐ飛び降りるような急激な悪化に驚く。四-六月期までは二ケタのマイナス成長が続くと覚悟している
2月25日(水)日経新聞一面
日本経済 今何をすべきか(下)
コマツ会長 坂根正弘氏
「日本企業の現状は、予想もしないところに金融危機という真っ暗闇のトンネルがあって、そこに加速しながら飛び込んでいった感じだ。出口の光は見えず、自分が走っている方向もわからない。それが多くの経営者の実感だろう」
「来期決算の見通しが発表される四月、五月にかけて厳しさが募るのではないか」
「コマツでいえば、底打ち感を出すために、ともかく在庫調整を急いでいる。
2月26日(木)日経新聞一面
日産、減産幅を圧縮
来月、5割前後に 在庫調整が進展
日産自動車は三月から、国内工場での減産幅を縮小する。同社は一月に前年同月比六割、二月に同七割強の減産を実施しており在庫調整が進展したと判断、三月の減産幅を五割前後に圧縮する。二月との比較では生産台数が二倍近くに増える見通しだ。
これらの記事を総合すると、「4-6月期までは現状の二桁マイナスが続くことを前提に、『4-6月期がボトムだよ』という演出を行うために実際の需要減よりも大きな生産調整を行ってきたところ、思ったよりも需要の減少はひどくないので、ちょっとブレーキを踏むのを緩めました」といったところか。今日の鉱工業生産指数でも在庫指数は減少したし、1-3月期のどこかで底を打つ可能性も出てはきたようだ。ただ逃げ水のように悪化するリスクも残っている点には注意が必要か。

しかし昨日Economic Lovers Liveさんの記事経由で知ったのだが、日銀は「FRBと比較されても日本は米国ほどひどい状況ではない」とのご認識らしい(ネタ元は田村孝太郎参院議員のブログ)。10-12月期GDPの数字や1月の鉱工業生産指数の数字を見ても、本気でそうした発言をしているのだとすれば、呆れるしかない。


tag: マクロ, Memo
PR

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
Listed below are links to weblogs that reference
生産調整はいつまで続く…? from 理中理外

Home > Memo > 生産調整はいつまで続く…?

株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

Author: hamachan

資産運用会社で働いています。株式市場とか、マクロ経済とか、思いつくままに覚え書きです。

メールフォーム
来訪者数
アクセス解析

Page Top