忍者ブログ

Home > > こんな国の制度になったらいいな

[PR]

  • 2017-12-19
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Comments:

Trackback+Pingback:

Listed below are links to weblogs that reference
[PR] from 理中理外

Home > > こんな国の制度になったらいいな

Home > 未分類 > こんな国の制度になったらいいな

こんな国の制度になったらいいな

昨日、日経新聞に載っていた松本大氏の提言に関連した簡単な考察をしたが、以前にも、公務員の給与・ボーナス体系についてのアイデアを述べた。ついで(?)なので、それ以外に考えている、こうしたらいいのではないかという国の制度のアイデアを、つらつらと書いてみようと思う。
  • 公的年金、社会保障制度はベーシック・インカムに一本化し、健康で文化的な最低限度の生活が営めるレベルの金額を支給する。
  • 健康保険組合を統合し、介護保険と一本化した上で、国が医療・介護保険制度を運営し、日本国に在住する誰もが最低限の医療・介護を受けられるようにする。また高度な医療技術の革新を促すために、自由診療、混合診療などを自由化する。
  • ベーシック・インカム、医療・介護保険の財源は全額消費税でまかなう。
  • 起業や活発な経済活動、技術革新・イノベーションを促すため、所得税、法人税は廃止する。頑張った人や起業に対しては、その見返りを十分にという目的です。
  • 公的サービス、もしくは公的サービスでは提供できない公共的なサービスに対して金銭的な寄付をした場合、その内容・金額に応じて褒章を与える。その他一世代限りの何らかの特典を与えてもよいかもしれない。
  • 企業活動の外部不経済を制限するため、環境税のような企業活動の内容に見合った税を賦課する。また日本国土を利用している利用料として、固定資産税も維持する。
  • 国民と公務員の利害関係を一致させるため、公務員の給与はNAIRUの関数とし、賞与は名目GDPに連させる。また解雇のない公務員の退職金制度は廃止する。
  • 地域別の選挙区ではなく、世代別の選挙区をつくる(マネックス社長松本大氏の提言)
個人にとっては、コールオプションのような制度ですね。オプションプレミアムが消費税。なので「怠け者」ばかりの国になって高齢化が進むと、消費税とベーシック・インカム、医療・介護保険コストがスパイラルに上昇して、オプションプレミアムが跳ね上がるリスクは残る。なので、経済全体のパイを大きくするために、リスクをとって稼いだ人には見返りをきちんと与え、やっかみではなく評価してあげるとともに、政策がそれを反映できるよう、公的部門と民間部門がともに経済成長を指向する仕組みが必要で、それが、所得税・法人税の廃止。

ベーシック・インカムについては、個人的にはまだまだ不勉強なので、山崎元氏の「ベーシック・インカム」を支持しますベーシックインカムに関する補足ベーシックインカムをテレビで説明します、404 Blog Not Foundのベーシック・インカムに賛成するのに十分なたった一つの理由などを参照されたし(人のふんどしですいません)。

なお六本木で働いていた元社長のアメブロのベーシックインカムの話でホリエモンさんが以下のことを書いていた。
農業革命で人々は飢えることからある程度開放された。
産業革命で人々は労働時間からある程度開放され、余暇の時間を持つことができるようになった。
実は、多くの人はもう働かなくてもよくなった状態にあるのかもしれない。
そうなんですよね。人間、何もしないでずっと生活することはできません。農業革命や産業革命で得た余暇の時間を、日々豊かにしていくことが求められているんだと思います。




tag: 意見
PR

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
Listed below are links to weblogs that reference
こんな国の制度になったらいいな from 理中理外

Home > 未分類 > こんな国の制度になったらいいな

株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

Author: hamachan

資産運用会社で働いています。株式市場とか、マクロ経済とか、思いつくままに覚え書きです。

メールフォーム
来訪者数
アクセス解析

Page Top